デニムへの愛と拘り、あの定番パンツに新色が登場。【TURN ME ON / ターンミーオン】

TURN ME ON / ターンミーオン

「 いいときに、きました。 」

 

こんにちは!

福井 セレクトショップ「”D”River(ディーリバー)」 スタッフのHAYATOです。

 

先週末もご来店いただいた皆様、誠にありがとうございました!

ご愛顧をいただく常連様方からお客様から当店をご紹介いただき、初めてお越しいただいた方までなにかと面白いつながりもみえた週末でした。

 

 

梅雨らしい天気・・・というよりは全国でおおきな爪痕を残す今年の大雨。遠方にお住いの皆様のまわりは大丈夫でしょうか?

まだ幼いころ、たしか小学校6年生くらいの7月ごろに僕も「福井豪雨」という大雨に見舞われたことを薄らと思い出します。

幼いながら衝撃でしたし、それよりも今のほうが規模が大きいと聞くと各県の方も注意が必要ですね。

 

さて本日は、先週末の営業に素晴らしいタイミングに滑り込んだ今夏イチオシのデニムをご紹介します。

 

 

当店でも久しぶりの入荷となり・・・約1年ぶりのこのデニムが到着。

新色が入荷したのですが、「このカラーのデニムって久しぶりに見たな。」という個人的な新鮮さも相まって

週末は「このデニムのためだった」といえるほど皆さまから手に取っていただきました。

 

 

それでは次項より早速ご紹介していきます!

 

 

いよいよ解禁された、待望の”BLACK”です!!

 

先週末人気№1は、やはりこのデニム。

 

 

ご存知の方も多いかと思います。

TURN ME ON(ターンミーオン)から発売される、定番ともいわれるデニムシリーズ。こちらが先週末は大変ご好評をいただきました。

県外からお越しいただいた方もいらっしゃり、このデニムの真価とTURN ME ONのもつ素晴らしくフットワークの軽いファンの方々にとても驚かされました。

 

 

TURN ME ON(ターンミーオン)
無駄を省いたスタンダードなデザインをコンセプトに、自然の中にいるような心地良い素材感と、都会的で洗練されたスタイルを兼ね備え、 街と海それぞれのライフスタイルに寄り添うウェアーを提案します。

 

 

当ブランドが設立後すぐ、そして今なお展開する人気のデニムがあります。

当店でも既に持っている!という方がいらっしゃると思います、昨年にディーリバーが福井市内に移転をしてきてオープニングで全ラインナップ、全サイズを展開したのですが

ものの1か月ちょっとで全て姿を消したという、僕の中では伝説のパンツですね。(笑)

 

 

定番といえど全国への生産数・入荷数はそう多くなく、目掛けてご来店頂いてもオンラインショップで完売してしまったり欲しいサイズが買えない・・・という方も多かったと思いますので

リピーターの方、買い逃していた方は今回こそゲットしてください!

 

 

TURN ME ONデニムにある裏の話。

 

商品のことは既にお持ちの方もいらっしゃると思いますので、次項から要点を絞ってのちほどギュッと解説していこうかと思います。

その前にコラム的な気分でお読みいただきたい話があります。

 

 

すこし内容が深くなりますが、是非ご覧いただけたらと思います。

 

 

まずはこのデニムは伸縮性の高い、国産のストレッチデニム生地を使用しているということ。

 

 

そのルートはというと

  1. 縫製は「岡山県井原市」
  2. 加工(ダメージやアタリをつけたり)は「広島県福山市」

というザックリとこの順番が製品になるまでに行われています。

 

 

岡山デニム?産地?

 

「岡山デニム」ってよく耳にすると思いますが、「やっぱり倉敷市児島ですか?」と続けて聞かれることがあります。

 

やはり有名ですよね!

 

児島は「デニムストリート」や地域を通して「デニムの聖地」とブランディングを行っていたこともあり世間一般ではすごく有名ですが、

本当のデニムの聖地はこのデニムを手掛けている「井原市」ということを知っているのはちょっと通の人が多いです。

 

 

僕も未だ、双方に行ったことがないもぐりのような存在ですが服に携わっている人間、そしてデニムが大好きな人間としてすこし簡単にご説明とお話をします。(笑)

 

 

デニムの聖地「井原市」、ジーンズの聖地「児島」

 

井原、児島ともに温暖な地域で気候に恵まれるも、干拓地が多いため塩の気が通常の土地より多く、稲作に向いた土地がほんの少ししかありませんでした。

お米を育てるのは水、、だけど塩気が多く向いてないんですね。

そこで塩気に強い「綿花」の栽培をはじめたことがきっかけで、徐々に栄えていったというバックボーンが第一にあります。

 

 

1600年ごろには井原市でデニムには欠かせない藍染めに使われる「藍」の栽培がスタート、それは全国を行き来する商人たちから一斉に評判を受け、全国に広まったといわれています。

 

 

このTURN ME ONデニムがつくられる、「井原市」が現在では繊維工業が盛んな地域・・・といわれているのも

こういった時代の流通があり、その当時からの名残があるからこそ繊維業の地盤が固まったのだといえます。

 

 

そして現在、日本で国産デニム生地の多くは井原市で生産されているんです。

 

 

児島市は当店にも取り扱いのある「CANTON」というブランドから生地を輸入し、ジーンズを生産した第一号であって

デニムが織られた第一号、そして児島でも多く使用されているのが井原市で織られたジーンズなのです。

 

 

・・・とここまで話しておいてなんですが、

そもそも「もの」をつくるのは土地でなく、人です。

 

 

「岡山デニム」・・・といったらひとくちで「良質だ」「素晴らしい」と賛美する人がいますが、それは間違いというよりも、大きな勘違いだと思います。

 

 

「特産物、地域が賑わうキャッチーなもの」があることはとてもよろしいことだと思います、土地土地に根付いた歴史や背景が今にも継承されているということです。

 

 

が岡山じゃなくても、東北にだって有名な工場はたくさんありますよね?

こんな田舎の福井にだって、メゾンブランドの縫製を手掛ける工場はあります。

 

 

当店を例にすると「眼鏡の聖地、鯖江」・・・というブランドにあぐらをかいたような粗悪品は少なからずございます。

だから僕は技術があり、信頼をおける人に直接会いに行き、こんなものを作りたいという提案をし、一緒によりよいものを作っています。それが当店がつくる「7TEEN CLOTHING」というサングラス。

 

 

それはTURN ME ONとこのデニム工場もそうで、

打ち合わせなどがあれば岡山に赴き、面と向かって話をし、時間を掛けて商品を生み出す。ときに無理なお願いをしても「仕方ないな・・・」と笑ってくれるような

人と人との信頼関係でTURN ME ONとこのデニムファクトリーが成り立っているということ。

もちろん加工を施す「広島県福山市」はデニムだけでなく、当ブランドの様々な商品の加工を担う縁の下の力持ちで、

そういったバランスの取れた関係とTURN ME ONデザイナーさんからよくお聞きします。

 

 

「どの地域が作っている」というより「どのブランド・工場が、誰がつくっている」という本質的な目線でもセレクトしました。

 

 

シルエットやデザイン、風合いは好みですから・・・

と僕が言ってしまうといけない気もしますが、星の数あるデニムの中でもそんな信頼関係で成り立っているTURN ME ONのデニムとその支持率は

それが根底にあるからなのかなとも思います。

 

 

長くなりましたが、、

それでは次項よりTURN ME ONデニムのここがポイント!というのをポイントを絞ってご紹介していきます!

 

 

TURN ME ON / ストレッチデニム 5ポケットパンツ / ブラックウォッシュ

 

TURN ME ON(ターンミーオン)から今シーズンより発売となりました新色、ストレッチデニム5ポケットパンツのブラックウォッシュカラーが満を持して登場です!

 

こちらをポイントを絞って、より詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

今までのカラー違いをお持ちの方はご存知、体感済みのことだとは思いますが是非ともお付き合いくださいね。

まずこのデニムの第一のポイントは、ベルトホールとドローコードの二刀流であること。

 

 

 

「どういうこと?」って始めはなりますよね。

 

 

ご覧の通り、通常のデニムパンツのようにベルトを巻いて締めてもいただいても

内側にドローコード(腰ひも)が通されているのでこちらを締めていただいても下がってきたりすることがないイージーパンツ仕様になっているんです。

 

 

つまり二刀流。

 

 

うっかりベルトを忘れても問題なし。(笑)

あとはこの赤いドローコードがスタイリングのアクセントにジワジワと効いてくるんですよね。

 

 

 

 

 

気になる方は結んで、インしていただけばスタイリングの邪魔もしませんよ!

 

 

 

 

そして上述しましたファクトリーで行う、拘りの加工っぷりにもご注目。

本当にリアルでガチに穿いたようなこのアタリの色落ち具合。

デザイナーさんが実際にデニムを穿いて、徐々に生まれる色落ちを極限まで追求して形にしたものです。

 

 

 

 

バックスタイルにも、このシワにアタリがでて滲み出たであろう色落ち加工。

これを買って履いたら、すぐに味わえる贅沢さったらありません。(笑)

 

 

デザイナーが拘りに拘り、腕が良く信頼関係で繋がっている職人さんが忠実にイメージを再現した輝る業といえますね。

 

 

 

 

そしてこのシルエット。

ウエストからヒップにはややゆとりがあり足が通しやすく、裾にかけて徐々に細くなるオリジナルテーパードライン。

 

 

このシルエットはサイズを変えてあげると

スキニーデニムとしても、テーパードデニムとしてもご着用できるのが有難いんですよね。

 

 

後程、サイズ別の着用サンプルでご紹介します。

 

 

 

 

 

最後はこの伸縮性の高いストレッチ素材です。

 

コットン98% ポチウレタン2%の配合で、足にはしっかりフィットしつつも足がむくんだり長時間の着用で締め付けが辛い・・・など

デニム特有のお悩みも忘れさせてくれます。

 

 

職人さんの業が細部にまで行き届いているので、

そこらのお安いストレッチデニムにありがちな「生地が薄っぺらく、足にピッタリとフィット、わざとらしい加工感」

というのがなく、コットン(デニム)100%に近い肉厚な存在感と品のある仕上がりになっています。

 

 

サイズ別 着用サンプル

 

 

気になるのはやはりサイズ感ですよね。ですので今回、オンラインショップ・ブログとも比較をしてご紹介させていただくべく、サイズ別で着用をさせていただきましたのでご覧ください。

 

 

まずはサイズチャートがこちらです。

 

インチ ウエスト 股上 股下 ワタリ 裾幅
27(S) 76.0 25.0 73.0 23.5 14.0
29(M) 78.0 25.5 76.0 26.0 15.5
31(L) 84.0 27.0 76.5 26.5 16.0

 

こちらの3サイズ展開となっており、だいたい27インチ→Sサイズ・・・といったような塩梅です。

 

 

 

29inch (サイズM)

Height 175cm Weight 64kg Waist 82cm

 

 

僕の体系でご覧の29インチが、スキニー履きするならジャストサイズです。

 

僕は小学校・中学校とサッカーをしていたので太ももがやや太め、逆に足首が細めで

しっかりしたフィット感のあるデニムじゃないと思ったスキニーデニムのシルエットがでづらく、インポートブランドなどのデニムなどは好みのものがあっても断念したりすることが多々あります。

 

TURN ME ONデニムはしっかり脚全体に馴染み、太ももから足首にかけて綺麗なシルエットがしっかり出しつつも、ストレスフリーな履き心地です。

僕と似た体形で、スキニーパンツがお好きな方はこのサイズ感がよろしいかと思います。

 

 

ストレッチ素材によって窮屈だったり締め付けがつらい・・・という感覚はございません。膝の曲げ伸ばしも開脚も問題なく行えました。

 

 

31inch (サイズL)

 

Height 175cm Weight 64kg Waist 82cm

 

 

そしてワンサイズ上げて、31インチを着用するとご覧の通りです。

先ほどの29インチよりウエスト~股上が少々広くなる分、ふとももやヒップ周りにすこし余裕が出るのがお分かりかと思います。

 

 

上記した通り、TURN ME ONデニムはスキニー、スキニーした細い形ではなく

ヒップから太ももゆるめ、足首から裾にかけて締まっているシルエットになっているので、実はこのサイズ感でもめちゃくちゃ格好いいんですよね。

 

 

だからスキニーデニムとして着用いただく方からワンサイズ大きめを手に取っていただく方など幅広く愛されているんです。

ワンサイズ大きめだとドローコード(腰ひも)が役に立つんです!

 

「太いパンツはまだ抵抗があるけど、スキニーデニムは暑そう・・・」という方にも是非こちらもお勧めのシルエットです。

 

 

スタイリングはいわゆる「夏色」な明るいカラーも、このデニムがやさしく中和してくれます。

幅広いトップスとの組み合わせもハマってくれるブラックカラーは、落ち着いた印象を与えてくれますよ!

 

 

 

TURN ME ON / ストレッチデニム5ポケットパンツ をくわしくみる!

 

 

 

日々、在庫に変動がありますので気になる方は是非!

ちなみに工場様の速報ですと、次の生産は秋~冬になるそうですので今夏履けなくなる前に是非、ゲットしてくださいね。

 

 

それでは!

 

 

SelectShop “D”River(セレクトショップディーリバー) Online Shop

ブログで紹介したアイテムはオンラインショップにも掲載されています!

オンラインショップはこちらから!

 

Instagram

最新の入荷情報・イベント情報はインスタグラムから!

☑ SHOP INSTAGRAM・・・ d_river_official

 

オーナーHAYATOの日常とコーディネート!

☑ STAFF HAYATO INSTAGRAM・・・ d_river_hayato

 

LINE

☝LINEおともだち登録で

☑ 新着入荷案内

☑ 限定クーポンの配布

などなど配信中です!こちらからもお問い合わせできますのでともだち登録お願いします☆

 

◎ 店舗情報

〒918-8024

福井県福井市舞屋町2-17-2 キタヤチBDG1F

☑お電話からのお問い合わせはこちら!

TEL : 0776-43-6730

☑メールからもお問い合わせください!

MAIL:info@d-river.jp

 

◎ 通常の営業時間と定休日

Open 12:00~
Close 20:00

CLOSED:THURSDAY