シルバー1000の魅力をアツく語ります!【AKASHIC TREE / アカシックツリー】

AKASHIC TREE

「 銀 1000 」

 

こんにちは!

福井 セレクトショップ「”D”River(ディーリバー)」 スタッフのHAYATOです。

 

梅雨真っただ中の今日。

各地では豪雨や土砂崩れのニュース、もちろん当店のある福井県も雨降りの週がここ1~2週間ほど続き

今週末の土曜、日曜日はどうにかもってくれるかなぁ~という予報です。

 

ただ今週を待って、翌週末からは大晴天!

そして4連休までもうすこし・・・という僕もワクワクした気持ちを抑えられない7月です。

(そのあとお盆もあるし、お休みの方がちょっとだけうらやましかったり。笑)

 

 

ということでそんな夏がはじまるスタートラインの4連休。

夏新作が出そろってきた店頭では夏談義が連日大盛上がりなので是非お近くの方はこの機会にご来店をお待ちしています◎

 

遠方の方はぜひ新作揃いのオンラインショップを覗いてください!

 

 

シルバー1000(純銀)バングルがAKASHIC TREE(アカシックツリー)より入荷です。

 

 

「夏はアクセサリーだ!」

というスタッフの熱気とともに、今年もあのブランドの入荷がやってきました。

 

AKASHIC TREE(アカシックツリー)からシルバー1000・純銀アイテムのデリバリーです。

 

 

この2モデルをご用意しました◎

 

 

 

 

多面的な輝きが腕周りのアクセントになるツイストバングル。

名の通り、叩いた銀をねじることでこの形に成形。

 

当店では毎夏、アカシックツリーからご用意いただける数だけセレクトしているのですが

例年2~3週間でなくなっちゃいますね。

 

このバングルがまた今まで当店のご利用いただいたことのない方々にも刺さるみたいで、こちらは自分用に・プレゼント用にとお買い求めになられる方が多い印象です。

 

 

 

今回が初めてのセレクトになるトライアングルバングル。

洗練のトライアングル(三角形)モチーフにしたスタイリッシュな一本は、トライアングルバングルにない上質さを醸し出します。

 

スタイリングにも溶け込みやすいので普段使いから、ビジネスシーンでの腕時計などの重ね付けも変ないやらしさがなく、

手元を綺麗にみせてくれますよ。

 

 

ここまでは商品のディテールのお話なのですが、

そもそも シルバー1000 とはなに?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

世に聞く「925」とどういう関係?そしてどっちがいいの?

と、これを知っておくのとおかないのではこちらのシルバーバングルに対する愛着の深さが大きく異なると思いますので

ぜひ次項からはシルバーアクセサリー好きの方は必見の内容を書かせていただきました◎

 

 

シルバー 「1000」 ってなに? 純銀との違い、メリット・デメリット

 

銀製品の中でよく耳にする言葉としてダントツが

シルバー925

という規格だと思います。

 

 

「シルバー925製なので安心です」「リングの内側に【SLV925】と刻まれてる」

などなどもはやブランドネームよりそっちに目が行っている方も多いです。

韓国アクセの人気が高まったことも影響して『シルバー925』という言葉もより身近に効かれるようになった気がしますね。

 

 

じゃあ、本題。 シルバー925って何?

 

 

おそらくご存じの方も多いのかと思いますが

925 = 92.5%の割合でシルバー(銀)が含有している

という意味です。

 

 

そしてそののこりの 7.5% はブランドや銀工房によって異なる 『その他金属』 っていう感じです。

銅だったりニッケルだったりそれらを混ぜこぜにしているのには大きな理由があって、

純銀(100%シルバー)は性質上、 強度が低い という問題点があるからです。

 

 

なので簡単にまとめると純銀の状態に、一割弱の『その他金属』を含むことにより強度が増し、長く愛用できるというわけなんです。

 

 

強度が強まるならシルバー925が断然いいじゃん!

 

とそういうこと話でもなく、シルバー925の割合が完璧といわれれば比較するとややデメリットがあって、

残りの7.5%が原因で

  • 空気に触れることで酸化して黒ズミがでる
  • その他金属が肌にあわないと金属アレルギーをおこしてしまう

 

大きくこの二つがあげられます。

 

 

空気に触れることで酸化して黒ズミがでる

 

これはこれで「味」ととらえる方も、僕を含めいらっしゃるのかと思いますが・・・

この銅が空気に触れたり水や汗によって酸化を引き起こします。

 

するとシルバー925特有の黒ズミがうまれます。

というよりはいわゆる 変色 といえるでしょうか。変色の原因には「錆び」が大きくかかわっています。

ここからは理科の実験のように深い話になってまいりますので、今回は割愛させていただきます。(笑)

 

 

その他金属 が肌にあわないと金属アレルギーをおこしてしまう

 

「つけてたら首が赤く、かゆくなった~」とお肌や皮膚が繊細な方も男女問わずに多くみられるかと思います。

 

実はこの現象に関わっている金属で、シルバー(銀)自体にはアレルギー反応は基本出ないんです。

これも詳しく話し出すと、理科の実験のような話になるのでご個人でググってみてください。(笑)

 

 

そのなかでなにが肌に反応するかという面を調べてみると

とくに ニッケル という素材に関してアレルギー反応がでる人が非常に多いそうで、ニッケルは安価に活用ができたり美しさや輝きをだすのに長けている合金のため用いられることあるとのこと。

 

なので ニッケルフリー なる商品も近年では注目を集めているそうですよ。

 

 

熟練の職人が作り上げるアカシックツリーのシルバー1000(純銀)は、それらの悩みを解決してくれます。

 

純度100%の純銀を使用しているため、アレルギー反応が出ないというのはもちろんのこと

錆びによる黒ずみがほとんどないんです。

(上画像 左:新品 右:スタッフ2年ほぼ通年着用、メンテナンス歴なし)

 

 

もちろん加工はありません、2年ですよ2年。

これが僕のお伝えしたいアカシックツリー、シルバー1000の魅力です。

 

 

AKASHIC TREE(アカシックツリー)で使用されるシルバー1000は、同ブランドのビーズアクセサリー同様にすべて職人の手作業で製作されます。

 

 

その作業工程は、

  1. 銀を溶かして一塊にする
  2. 金床シルバーを叩きながら強度を高め
  3. 成形していく

 

という下記画像のような流れです。

 

 

 

 

よくドロドロの銀を型に流し込んで形を整えてつくられている(鋳造(ちゅうぞう))イメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、

このようにインゴット(溶かした銀の塊)を叩いてつくりあげることを 鍛造(たんぞう) と言い、この工程が強度を高めるうえでは非常に大切な工程だそうです。

 

 

これらのワードや工程を知っているだけでシルバーアクセサリー自体に愛情が増しますよね。

 

 

この鍛造という工程で作り上げるため、AKASHIC TREE(アカシックツリー)のシルバー1000は非常に強度が高く、折れたり曲がったりすることが極めて少ないです。

 

 

お取り扱いが始まってからそのような折れてしまった・・・などの事案は数十本とご販売してきたなかで一度もありませんが、

アカシックツリーの商品にはすべて180日間、約半年の無料修理が可能な保証がついてきます。

 

万が一ということがありますので、お買い上げいただきそのようなことがあった際は全て何なりとお申し付けくださいね!

 

 

 

 

 

純銀を捩じったモデル ツイストバングル はこちら!

 

 

 

 

 

三角形に成形させた トライアングルバングル はこちら!

 

 

是非夏の腕周りに、シルバー1000(純銀)の輝きを・・・!

 

 

それでは・・・!

 

 

 

SelectShop “D”River(セレクトショップディーリバー) Online Shop

ブログで紹介したアイテムはオンラインショップにも掲載されています!

オンラインショップはこちらから!

 

Instagram

最新の入荷情報・イベント情報はインスタグラムから!

☑ SHOP INSTAGRAM・・・ d_river_official

 

オーナーHAYATOの日常とコーディネート!

☑ STAFF HAYATO INSTAGRAM・・・ d_river_hayato

 

LINE

☝LINEおともだち登録で

☑ 新着入荷案内

☑ 限定クーポンの配布

などなど配信中です!こちらからもお問い合わせできますのでともだち登録お願いします☆

 

◎ 店舗情報

〒918-8024

福井県福井市舞屋町2-17-2 キタヤチBDG1F

☑お電話からのお問い合わせはこちら!

TEL : 0776-43-6730

☑メールからもお問い合わせください!

MAIL:info@d-river.jp

 

◎ 通常の営業時間と定休日

Open 12:00~
Close 20:00

CLOSED:THURSDAY